身体の小さな息子は食事をどうすればいいのか

私自身は、できちゃった結婚だったため、妊娠検査薬で陽性がでた時は、まさか私が母親?と嬉しいよりは、不安がたくさんありました。

ですが愛する人との子を産みたいと思い、初産で知らないこともありましたが、いろいろと調べることで、少しづつ大きくなるお腹を愛おしく思えるようになりました。
はじめて体動を感じた時は、嬉しくて嬉しくてしかたがありませんでした。
子供を自分の身体に授かるということは、日々幸せに子供の成長を実感できる事なのだと感じました。妊婦さんはできるだけしっかりとバランスの良い食事を摂りましょう。

ツワリで気持ちが悪く、食べてもはき戻してしまうことがあるかもしれませんが、一口サイズのおにぎりなどで構わないので、何か食べるようにしましょう。ところが何故か「どうしても食べたいもの」が、出てくるかもしれません。

私の場合は「氷」でした。

どんな時にもガリガリと口に含んでいました。
食べれるときに、食べたいものを食べましょう。
子供を産むにも、育てるにもパワーが必要です。

気持ち悪くて食べる気にならない!と言わずに、しっかり食べるようにしましょう。
大好きな人との子供って非常に嬉しいですよね。

妊娠が発覚したときは即旦那に伝えましたただこの後直面するつわりが非常にしんどいものでした…。私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、少し朝ご飯を食べるとまた気持ち悪くなりました。昼間は気持ち悪さでずっとベッドの上。夕方は旦那の晩御飯を、途中で吐いては調理し、もはや気力だけで作っていました。もっともピークの時は全くでしたが…。

けどいつかは必ず終わるものなので、産まれてくる赤ちゃんのことを考えつつ、頑張りましょう。

お腹の赤ちゃんと過ごす間、ママはこれまで以上に疲れやすくなっています。

普段から行っている家事でさえ過酷な労働のように息切れをすることもあります。

何度でも休憩をとって構わないので、無理のないようにしましょう。
また、妊娠中は脳貧血を起こしやすくなります。

立ち上がるなど、妊娠前は意識すらしなかったいつもの動作でも、めまいや吐き気を覚えることがあります。

この「脳貧血」はお腹の赤ちゃんに大量の血液を送ることで一時的に脳に送る血液が足りなくなってしまうことで引き起こされる、妊婦さんには頻繁に起きやすい症状なのです。
一つ一つの動作をゆっくり行うことを意識して、もし脳貧血を起こした場合はその場で横になるようにしましょう。妊娠中は食べ物にも気を配りましょう。
ビタミンAを過剰摂取すると胎児が先天性奇形になりやすいという事で、レバーやウナギをあまり食べないようにしました。
特に妊娠初期の細胞分裂が激しい時期は注意されることをおすすめします。

ウナギはビタミンAを豊富に含み、妊娠中に摂れるビタミンA量の上限に一口だけで達してしまいました。妊娠線を作らないようにするポイントは太り過ぎないよう注意する他に妊娠線予防クリームを塗ることが大事と言われています。

クリームを塗る際には、もう一つ、マッサージをすることも忘れずに。

マッサージをすることで脂肪を柔らかくしておき妊娠線が出づらくすることも重要です。マッサージの際はクリームを多めに手に取り、全体に伸ばしたあと、方向を変えながら塗り込んでいくのが効果的です。
また掴めるところはしっかり掴んでもむ事も忘れずにしましょう。
妊娠中でも特にお勧めしたい運動が、スイミングです。

ますますお腹の大きくなる妊娠8~10ヶ月は、特に歩くことがしんどくなってくるので、足腰に負荷のかからない水中での運動はとても気持ちがいいのです。もちろん、かかりつけ医師に相談してください。

水中では浮力が働くため、体が軽く動きやすいのでとても楽で気持ち良いです。みんな同じマタニティーママなのでお互いに気持ちの共有もできますし、赤ちゃんが産まれたら次はベビースイミングのクラスでふただび楽しい時間が広がることでしょう。

妊娠中はとても太りやすいです。私は太りにくい体質でいくら食べても太らず、もし太ってもまたすぐに痩せると思い、量を考えず、好きなものを好きなように食べていました。
ですが、気付いたら15キロも増えてしまい、料理、洗濯など、日常の動きがとても大変でした。もう産後1年経ちますが、まだ体重は戻っていません。やはり、世間や医師の言う通り、栄養のことも考えて食事に気を配り、適度な運動を続けることが大切だと思いました。案外忘れがちなのは、企業などに勤めている方が入る健康保険に加入していた場合、健康保険組合(協会けんぽ等)より、出産手当金の給付を受けることができます。働いていて健康保険に加入している女性が、出産のために仕事を休み、その間の給料を受け取れない場合は、出産日を含む42日前と、出産日から後の56日の範囲が給付金支給対象となり出産手当金として受け取ることになります。
休業1日につき出産手当金も金額は、標準報酬日額の3分の2相当額です。
妊娠初期の症状のつわりにより、食べることが難しい人がいると思う。それでも栄養を取らないと、赤ちゃんの発育に影響するので、おじややゼリーなど口にしやすいものが食べれればいいかなと思う。

食べ物が食べれなくても水分補給は大事である。

つわりがないから、お腹いっぱい食べれるといって満腹以上に食べるのもよくない。
妊娠高血圧や妊娠糖尿病に罹患することもある。
栄養バランスをよく考えて食べることが大切であり、また元気な時は適度な運動をすることが妊娠生活に大切なことである。
成長期には身長サプリ摂取がおすすめ

コメントを残す